工作機械周辺装置メーカー、エイ・テイ・シイ株式会社のスタッフが、 社内情報や何気ない日常・地元の話題を綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by エイ・テイ・シイスタッフ
 
[スポンサー広告
ATC装置組立中(1) 
今朝はきれいに晴れています。太陽2
本日の岡山県北部のお天気は曇り時々晴れで、今日からしばらく雨はないようです。

今日は弊社の製造部よりお伝えします。音符

↓組み立てているのは、関東地方の工作機械メーカー様からご依頼のATC装置です。
(来月中旬完成・納入予定)

▼製造部池田さん、ただ今マガジン組み付け中。▼!

製造部①

この装置はフロアタイプ40本ATCです。

フロアタイプATC装置とは、その名のとおり床に設置するタイプのATC装置です。

来月の完成に向け、着々と組立進行中!!

また可能な範囲になりますが、組立の様子を時々お伝えしていこうと思います。照れ笑い

営業部 木村

ブログランキングに参加しています。
各クリック1回よろしくお願いします!
     ↓         ↓
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
エイ・テイ・シイ株式会社ホームページ ⇒⇒ 『工作機械設計.COM』
無料ニュースレターお申し込みはこちら ⇒⇒ 『工作機械設計情報』お申し込み 
無料総合カタログお申し込みはこちら ⇒⇒ 『工作機械総合カタログ』お申し込み

スポンサーサイト
Posted by エイ・テイ・シイスタッフ
comment:0   trackback:0
[業務日誌
本番中に霊が!?
数日前に見たテレビ番組のことです。
番組後半にいつもと違うコーナーがありました。

『番組本番中に霊が出た』というちょっと恐そうなタイトル。orz

そういえば昔そんな番組がよくあったなぁ・・・と少し懐かしさを感じ、
恐いようなでもちょっと興味あるし見てみたいなどと思いながら見ていると、
番組本番中に出た霊とは、実は“本番中にスタジオの中で床に座るタレント”本人の
ことだったのです。
しかもその方一度だけではなく、今までにも何度も本番中に座っていたそうで・・・。
他のメンバー及びゲストはもちろん皆立っていました。

でも今まで全く違和感なかったですね。私も全然気付かず。
番組に視聴者から苦情でもきたのでしょうか。

”本番中にタレントが座ってていいの!?”って思った方がいたのかな。
それとも気付いたスタッフがちょっとお仕置きしてやろうと考えたのでしょうか。

確かに歩道に平気で座っている高校生とかよく見かけます。
(汚いからそんなとこ座るなよーって思うことありますね。)
そういう感覚で無意識に座っていたのでしょうね。
座ることはおかしいのかもしれないけど、“座らないでよNくん”ってひとこと本人に言えば
済んだような気も。。。
テレビって何でも番組にしちゃうんですね。(ネタがなかったのかな??)

それにしても霊媒師まで呼び、塩をかけたり体を叩いたり、相当手の込んだお仕置きでした。
最後には成仏なんて。
バラエティー番組とはいえなんとなく笑えなかった私・・・・。
出演者も皆苦笑いしていたような気がしました。がーん

まぁ全国区でお叱りを受けたのですからNくん二度と本番中に座ることはないでしょう。
最近ではちょっと珍しい!?内容でした。
一番がっかりしたのは本当に霊が出ると楽しみにしていたうちの息子かな。私も少し。(^^;)

営業部 木村でした。

ブログランキングに参加しています。
各1回クリックよろしくお願いします!
     ↓         ↓
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ

エイ・テイ・シイ株式会社ホームページ ⇒⇒ 『工作機械設計.COM』
無料ニュースレターお申し込みはこちら ⇒⇒ 『工作機械設計情報』お申し込み 
無料総合カタログお申し込みはこちら ⇒⇒『工作機械総合カタログ』お申し込み

Posted by エイ・テイ・シイスタッフ
comment:0   trackback:0
[社員のオフタイム
部品図作成ポリシー
私の設計歴は「T定規+三角定規」~「ドラフター」~「CAD」と

時代の流れに乗ってきました。

どの時代においても「作り易い図面作成」を念頭にしてきたつもりです。

作図の基本として「J I S 」がありますが、大手ではそれに加えて独自の

「作図基準」が設けられているようです。

私は部品図作成において当然「J I S 」を基準にしていますが、

必ずしも「J I S 」に縛られずところどころに自分の

オリジナル手法を使用し「作り易い図面」を目指しています。

実際の加工先評価が気になるところですが・・・
            設計
技術部 設計

ブログランキングに参加しています。
各1回クリックよろしくお願いします!
     ↓         ↓
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ

エイ・テイ・シイ株式会社ホームページ ⇒⇒ 『工作機械設計.COM』
無料ニュースレターお申し込みはこちら ⇒⇒ 『工作機械設計情報』お申し込み 
無料総合カタログお申し込みはこちら ⇒⇒『工作機械総合カタログ』お申し込み

Posted by エイ・テイ・シイスタッフ
comment:0   trackback:0
[設計者の独り言
なぞなぞ回答
先日、11月12日に掲載の“なぞなぞ”回答です。
答え
問題1.おつり 30円
    解説
    一瞬130円と思われたのでは?70円の買い物をする場合、100円を出して30円の
    おつりをもらうのが普通です。
    
問題2.おつりは何通りものパターンがあります。
   パターン1 315円ちょうど払えるように小銭があった・・・・・・・おつり   0円
   パターン2 10円単位の小銭があった=320円支払いのおつり・・・おつり   5円
   パターン3 50円単位の小銭があった=350円支払いのおつり・・・おつり  35円
   パターン4 100円単位の小銭があった=400円支払いのおつり・・おつり  85円
   パターン5 500円玉を出した・・・・・・・・・・・・・・・・・・おつり 185円
   それぞれ個々の回答でも間違いではありませんが、5通りを答えていただいて正解とします。

問題3.正しい文章 文章(3)
   解説
  ※下記参考解説は引用問題集に記述してあったもので、なかなか理解できませんでしたが、
   考え方或いは見方を変えれば案外楽に解けます。
   正しい文章が1つですから「3つの文章は正しくない」のです。その条件に合うのは文章(3)
    になり、これが正しい文章ということになります。
  ※尚、この問題において文章数が多くなっても,正しい文章は(総数-1)であることが言えます。
   つまり問題が文章(8)まであったとすると、正しい文章は文章(7)になるのです。
<参考解説>
   文章(1)が正しいと仮定すると、正しくない文章が1つになりますが、文章(2)、(3)、(4)
   の内容はそれに反しているため、正しくない文章が3つになり、この仮定は誤りです。
   文章(2)が正しいと仮定すると、正しくない文章が2つになりますが、文章(1)、(3)、(4)
   の内容はそれに反しているため、正しくない文章が3つになり、この仮定は誤りです。
   文章(4)が正しいと仮定すると、全てが正しくないことになり、この仮定は誤りです。
   文章(3)が正しいと仮定すると、正しくない文章が3つになり、文章(1)、(2)、(4)の
   内容はそれに反しているため、正しくない文章が3つになるため、この仮定が正しくなるのです。

技術部 小椋

ブログランキングに参加しています。
各1回クリックよろしくお願いします!
     ↓         ↓
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
エイ・テイ・シイ株式会社ホームページ ⇒⇒ 『工作機械設計.COM』
無料ニュースレターお申し込みはこちら ⇒⇒ 『工作機械設計情報』お申し込み 
無料総合カタログお申し込みはこちら ⇒⇒ 『工作機械総合カタログ』お申し込み

Posted by エイ・テイ・シイスタッフ
comment:0   trackback:0
[頭の体操クイズ
横仙歌舞伎 秋の大公演
22日の日曜日に奈義町 横仙歌舞伎を観に行ってきました。
毎年この秋の大公演は二日間にわたって上演され、県内外各地から多くの方々が
観に来られます。
(出演:奈義町横仙歌舞伎・勝田歌舞伎保存会・粟井春日歌舞伎保存会・歌舞鼓音座お囃子隊などなど)
091122_130200.jpg
横仙歌舞伎とは・・・
【山里に受け継がれる農村歌舞伎】
奈義町 横仙歌舞伎
江戸時代、諸国をまわる上方歌舞伎の舞に魅せられた人々により、山間の各地で発祥したのが
農村歌舞伎、あるいは地下(じげ)芝居といわれるものです。
なかでも横仙地方で受け継がれてきた「横仙歌舞伎」は、伝統芸能としての農村歌舞伎の姿を
現在に伝えるものとして、現在も地元保存会により公演が行われ、県の重要無形民俗文化財にも
指定されています。また、「横仙歌舞伎」を核として、演劇やさまざまな文化行事が行われ、
奈義町の大きな文化遺産として大切に守られています。
                       ~奈義町ホームページより~
091122_104336.jpg
↑鮮やかな衣装で演奏に合わせて舞う「寿式三番叟」です。
三味線・笛・太鼓・鼓などの完成された和楽器演奏も見所のひとつです。
娘の友人が鼓で出演していました。
091122_120351.jpg
歌舞伎って、実は奥の深いストーリーを理解しながら観るとより一層面白いです。
出演されている皆さんの演技もさることながら、奈義町の歌舞伎専門職員の方々の
三味線や太夫もとてもすばらしくて感動しました。

古くから伝わる伝統芸能を守り引き継いでいくことはとても大変なことだと思います。
私たちがこうやってその姿を身近で観る事ができるのは幸せなことですね。
歌舞伎に関わっておられる皆様に感謝です。
また来年も是非観たい!と思った木村でした。
ちなみに入場は無料です。

ブログランキングに参加しています。
各1回クリックよろしくお願いします!
     ↓         ↓
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ

エイ・テイ・シイ株式会社ホームページ ⇒⇒ 『工作機械設計.COM』
無料ニュースレターお申し込みはこちら ⇒⇒ 『工作機械設計情報』お申し込み 
無料総合カタログお申し込みはこちら ⇒⇒ 『工作機械総合カタログ』お申し込み

Posted by エイ・テイ・シイスタッフ
comment:0   trackback:0
[地元の話題
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。